トップ

離婚した場合の相続

相続出来る範囲とは

離婚した子どもの相続権

離婚した経験があり、前妻との間に子どもがいる。再婚後、現在の妻との間にも子どもが生まれた。このような状況で、自分に万が一のことがあった場合の、相続問題を考えたことがある人も、いるのではないでしょうか。

このような状況を整理するために、まず知っておきたいのが相続権の範囲です。
相続権とは相続する権利を持つ人のことですが、ここでは妻と子どもに絞ってお伝えしていきます。

まず、離婚した妻には相続権はありません。ですが離婚した子どもには相続権があります。
当然ですが、今の妻には相続権がありますし、今の子どもにも相続権はあります。ですから、あなたの財産を相続する権利があるのは今の妻と子ども、そして離婚した子どもの3者になります。

●離婚した子どもになぜ相続権があるのか、そして相続の割合は?

離婚したのになぜ前妻との間の、子どもに相続権がある理由ですが、妻は離婚することで全くの赤の他人になります。

ここはよく勘違いされるところですから注意が必要です。離婚によって妻との婚姻関係は無くなります、この時点で他人ですから相続権は無くなります。

ですが、前妻の子どもについては離婚して妻との婚姻関係はなくなっても法律上、親子関係が無くなることはありません。ですから離婚した子どもにもあなたの子どもとしての相続権があるのです。

もうひとつ大切なことは、前妻の子が亡くなっていても、その子どもに子どもがいれば同じように相続権が生まれます。

次に知っておきたいのが、離婚した子どもの相続の割合です。離婚した子どもにも現在の妻との間の子どもと同じだけの相続の割合があります。仮に前妻との間にも現在の妻との間にも1人ずつ子どもがいるとしたら、妻が半分、子どもに1/4、前妻の子どもに1/4の割合になります。

離婚した妻との間に子どもがいる場合このような複雑な相続になります。

相続問題にお困りならこちら。